家を購入する話;住宅ローン審査編

そろそろ年頃なのもあって一軒家を購入しようと思い立って1年。

現在住んでいる都内某所では希望金額では一軒家は買えない様子でした。

購入金額の予算をアップして探してやっとこさ一件気にいる物件を見つけることができました。

ただ中古物件で築16年・・・。果たしてこれに35年ローンを突っ込んでいいものか・・・・。

 

そんな悩みもある中、ここで決めないと永遠に家なんて買えない!と思い、購入を決定。

銀行の事前審査はなんなく通っていたのですが、本審査に向かうにあたり諸問題が発生!

 

発生した諸問題:団体信用生命保険(通称団信)に通らない!

まさかこんなところでつまづくとは思っていませんでした。

昨年まで「非結核性抗酸菌症」という割と聞かない症状で通院していたのですが、これが原因で軒並み団信に通らないのです。

 あまり聞きなれない病気かと思いますが、簡単に言うと感染らない結核みたいなものです。

初期の頃は診断確定ができず、医師には結核を疑われていて、ただそのまま海外出張とかしてましたw

それがこんなところで諸問題になるとは思ってもみませんでした。

挑戦した銀行は。。。

住宅ローンの審査を申し込んだ銀行は以下の通りです。

りそな銀行

みずほ銀行

ソニー銀行

住信SBI

ジャパンネット銀行

auじぶん銀行

新生銀行

三井住友信託銀行

三菱UFJ銀行

横浜銀行

の合計10箇所です。

 

なんとこの中で団信が通ったのが三井住友信託の全国保証一択でした・・・。

三菱UFJ横浜銀行は診断書によって評価するとのことで診断書待ちです。

大学病院なので3週間くらい来るまでに時間かかりそうですね。

やはりネット銀行が金利が安めの設定が多いのですが、WEBで申請して3日後くらいには非承認ですぐに返ってきてしまいますね。。連続するお祈りに心が折れそうになりました。

今後は

とりあえず三井住友信託が無事に本審査も通っているので契約自体は進行できるのですが、よりよい料率で借りるべく、他の銀行もトライしていければと思います。

とりあえずローンが全く組めなくならなくて良かった・・・。

皆さんも健康第一です。健康でなければ家を買うこともできないということを身に沁みてわかったこの頃でした。